以前、販売、接客業をしていました。
そのお店は、数回お客さんとして利用していたことがあったので、スタッフさんの年齢層が若いことを承知で受けました。
採用されましたが、当時30代の私が大学生くらいの人しかいそうにない場で働くことは躊躇もありました。
まだ、慣れていない頃 私のことをスタッフ間で話していたことを後々、聞いた話が嬉しくて今でも美容に対して、諦めず気を使う糧になっています。
私が10歳以上離れていることは、入社の自己紹介で話してはいたのですが、他のスタッフ間で私のことを〇〇さんみたいな30代だったら今なってもいいわぁ。と言っていたと耳にしました。
直接褒められることは 嬉しくもありますが、どこか気を使って言ってくれてるのだろう。と、素直に喜べないのですが、誰々が言ってたよ!と第三者から言われると信憑性もあり、なんだか嬉しいものに感じました。
悩みが出てからじゃ遅い!と思っていた部分もあったので、日頃からそれなりの努力はしていましたが、少しでも成果として出ているのならムダではなかったなぁと思えた話です。
年齢を重ねると どうせもう〇〇歳だから‥もう、おばさんだからと逃げがちですがやっているケアはちゃんとプラスになっていると楽しんでいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です